« 「明治はよかった」司馬史観再考の動き | トップページ | 誤謬だらけの『坂の上の雲』―明治日本を美化する司馬遼太郎の詐術 :高井 弘之 (著) 合同出版 »

2011年1月 1日 (土)

『坂の上の雲』の映像化問題 :社会科学者の時評

【日露戦争に勝ったと信じる日本:本当は欧米帝国主義が停戦させていた】

① 辻井 喬『私の松本清張論-タブーに挑んだ国民作家-』2010年11月
② 映像化を担当しているNHKプロデューサーのいいぶん
③ 「21世紀に衰退する道を歩む日本」には「過去の栄光という虚妄の記憶」が要求されている。
こちら

司馬遼太郎さん「坂の上の雲」の映像化のこと:晴耕雨読

« 「明治はよかった」司馬史観再考の動き | トップページ | 誤謬だらけの『坂の上の雲』―明治日本を美化する司馬遼太郎の詐術 :高井 弘之 (著) 合同出版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292197/38298683

この記事へのトラックバック一覧です: 『坂の上の雲』の映像化問題 :社会科学者の時評:

« 「明治はよかった」司馬史観再考の動き | トップページ | 誤謬だらけの『坂の上の雲』―明治日本を美化する司馬遼太郎の詐術 :高井 弘之 (著) 合同出版 »