« 酔流亭日乗 : 書評『NHKドラマ「坂の上の雲」の歴史認識を問う』 | トップページ | 『坂の上の雲』の映像化をめぐって 秋山久: ネットジャーナル「Q」 »

2011年1月10日 (月)

「大逆事件」から100年 2011/01/07| - 多面体F

12月23日(木)平成天皇の誕生日に反天皇制運動連絡会の恒例の集会が豊島区民センターで開催された。快晴で空には雲ひとつなく、12月としては暖かい午後だった。いつもより会場が狭かったせいもあるが、室内だけでなく廊下にまで座り込む参加者が出る盛況だった。屋外ではいつものように街宣カーの右翼が「反天連を射殺せよ」などと大音響のスピーカーでわめいていた。

昨年は、韓国併合100年の年で、反天連もそのテーマの集会が多かった。しかし大逆事件で、幸徳秋水、菅野須賀子ら12人が大逆罪で死刑、11人が死刑後無期、2人が爆取で有期刑になった大逆事件から100年の年でもあった。この日は「「大逆事件」から100年」というテーマで、3人の方からお話があった。 全部読む

« 酔流亭日乗 : 書評『NHKドラマ「坂の上の雲」の歴史認識を問う』 | トップページ | 『坂の上の雲』の映像化をめぐって 秋山久: ネットジャーナル「Q」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292197/38416939

この記事へのトラックバック一覧です: 「大逆事件」から100年 2011/01/07| - 多面体F:

« 酔流亭日乗 : 書評『NHKドラマ「坂の上の雲」の歴史認識を問う』 | トップページ | 『坂の上の雲』の映像化をめぐって 秋山久: ネットジャーナル「Q」 »