« 「坂の上の雲」のまちづくり ドラマ第2部放映で再度脚光、愛媛・松山へ | トップページ | 『坂の上の雲』の映像化問題 :社会科学者の時評 »

2010年12月29日 (水)

「明治はよかった」司馬史観再考の動き

 12月5日から放映されるNHKドラマ「坂の上の雲」第2部。いまや「国民的作家」と呼ばれる司馬遼太郎の人気小説が原作だ。
没後14年、歴史学者たちの間では「明治は明るい」とする司馬の歴史観を問い直す動きが広がっていることをご存じだろうか。
→こちら(2010.11.26  サンデー毎日)

« 「坂の上の雲」のまちづくり ドラマ第2部放映で再度脚光、愛媛・松山へ | トップページ | 『坂の上の雲』の映像化問題 :社会科学者の時評 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292197/38255302

この記事へのトラックバック一覧です: 「明治はよかった」司馬史観再考の動き:

« 「坂の上の雲」のまちづくり ドラマ第2部放映で再度脚光、愛媛・松山へ | トップページ | 『坂の上の雲』の映像化問題 :社会科学者の時評 »