« 日韓弁護士会共同シンポジウム「戦争と植民地支配下における被害者の救済に向けて~韓国併合100年を機に過去・現在・未来を語る~」 | トップページ | ニューズレター第22号を発行しました。 »

2010年12月 9日 (木)

「韓国併合100年」から学び 東アジアのこれからの100年を考える集い

○と き 2010年12月12日(日) 13:30~16:30
○ところ ウィルあいち:市政資料館前、県庁裏
     Phone:052-962-2511
地図: http://www.will.pref.aichi.jp/shisetsu/main01_v.html
○講 演 「韓国強制併合・大逆事件」100年と
    NHK[坂の上の雲]
    -日本の近代史を見直そう-
    講師:安川寿之輔名古屋大学名誉教授
今年は、「韓国併合100年」の年です。100年前は、
日本がアジアに侵略の牙をむけていった時代です。その
後、アジアは長期に戦争にみまわれ、多くの被害を出し
ました。 100年後の今は、どうでしょうか。世界に
は戦争が絶えませんが、多くの人々の努力で、多国間の
相互理解と平和のうねりが広がっているではありません
か。今回、アジアの平和と真の国際理解を目ざして、決
して戦争を起こさないという決意を新たにしていくため
に、集まりを企画しました。たくさんの方々のご参加を
期待しています。
<内容>
○あいさつ
○強制併合当時の映像上映(予定)
○講演
○提案-参加団体より
※会場では、写真展が行われています。ご覧ください。
 参加協力費 500円
主催:12/12集会を成功させる実行委員会
[構成団体]
「韓国併合100年」東海行動実行委員会
朝鮮半島出身者遺骨調査会
名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会
愛知県教職員労働組合協議会
〔連絡先〕愛知県教職員労働組合協議会(愛教労)
   〒460-0011 名古屋市中区大須4丁目14-57
       Phone:052-242-4474

« 日韓弁護士会共同シンポジウム「戦争と植民地支配下における被害者の救済に向けて~韓国併合100年を機に過去・現在・未来を語る~」 | トップページ | ニューズレター第22号を発行しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292197/38016840

この記事へのトラックバック一覧です: 「韓国併合100年」から学び 東アジアのこれからの100年を考える集い:

« 日韓弁護士会共同シンポジウム「戦争と植民地支配下における被害者の救済に向けて~韓国併合100年を機に過去・現在・未来を語る~」 | トップページ | ニューズレター第22号を発行しました。 »