« 戦後65周年シンポジウム「東アジアの戦後『和解』のために」 ~いま何が求められているのか?~ | トップページ | 東京シンポジウム「韓国強制併合100年、韓日歴史認識の違い」 »

2010年11月 9日 (火)

やはり「福沢諭吉はアジア侵略の先導者であり差別蔑視者であった」(安川寿之輔)

NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ「ニューズレター第21号」の3~5ページに「週刊金曜日」の安川寿之輔氏インタビュー「虚構の「福沢諭吉」論と「明るい明治」論を撃つ」(HTML版はこちら)とそれについての「論争」について掲載しましたが追加記事を転載します。

”やはり「福沢諭吉はアジア侵略の先導者であり差別蔑視者であった」(安川寿之輔)”→こちら

これは2010.9.17(815号)の渡井啓之氏の疑問「福澤論吉はアジア侵略の先導者であり差別蔑視者であったのか」に対する回答になっています。

Image001

« 戦後65周年シンポジウム「東アジアの戦後『和解』のために」 ~いま何が求められているのか?~ | トップページ | 東京シンポジウム「韓国強制併合100年、韓日歴史認識の違い」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292197/37595837

この記事へのトラックバック一覧です: やはり「福沢諭吉はアジア侵略の先導者であり差別蔑視者であった」(安川寿之輔):

« 戦後65周年シンポジウム「東アジアの戦後『和解』のために」 ~いま何が求められているのか?~ | トップページ | 東京シンポジウム「韓国強制併合100年、韓日歴史認識の違い」 »