« 国際シンポ「越境する歴史×時代小説」第三部「外と内からの司馬遼太郎文学の批判的再検討」 | トップページ | 「公費で坂雲奨励、違憲」 返還求め監査請求 »

2010年10月30日 (土)

「坂の上の雲」宣伝は違法 松山市に監査請求

 NHKドラマ「坂の上の雲」放送に際し、番組を宣伝するチラシを松山市が作成し配ったのは違法として、「“坂の上の雲”記念館の問題を考える会」などの市民団体は29日、市に印刷費など約20万円の返還を求める住民監査請求をした。

 同会の山中哲夫代表は市役所で記者会見し「日露戦争など特定の歴史認識や価値観を都合よく解釈した作品。公的機関が宣伝するのは、市民の思想と良心の自由を侵害し、職権乱用にあたる」と訴えた。

 ドラマは松山市などが舞台となった同名の小説が原作。市は昨年11月にチラシ約1万8000枚を市内の広報委員に配布していた。
[スポニチ 2010年10月30日 ]

『坂の上の雲』放送を考える全国ネットワークHPへ

« 国際シンポ「越境する歴史×時代小説」第三部「外と内からの司馬遼太郎文学の批判的再検討」 | トップページ | 「公費で坂雲奨励、違憲」 返還求め監査請求 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292197/37453673

この記事へのトラックバック一覧です: 「坂の上の雲」宣伝は違法 松山市に監査請求:

« 国際シンポ「越境する歴史×時代小説」第三部「外と内からの司馬遼太郎文学の批判的再検討」 | トップページ | 「公費で坂雲奨励、違憲」 返還求め監査請求 »