« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』をめぐる住民監査請求-松山

えひめ教科書裁判を支える会からの報告。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』の番組を見るように松山市及び同教育委員会は、促すなどの目的でのチラシなどを違法行為に配布し、違法な公金の支出を行いましたので、その違法な公金の補填などを求める住民監査請求を10月29日に松山市監査委員に行いました。

以下、同監査を求めた「松山市職員措置請求」からの要旨----------------------
松山市教育委員会は、昨年の放映の前の11月に松山市教育委員会学校教育課名で松山市立各小中学校長宛の事務連絡を行い、松山市内の児童・生徒とその保護者に対し、「家族そろって」見るよう促す、チラシ等を配付した。
また、松山市(観光産業振興課課長)も、広報委員宛に観光産業振興課名の「NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』の放送に伴う啓発チラシの全戸回覧について(お願い)」を各支所および市内の町内会など自治会組織を通じて、チラシを配付し、市民に対してNHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』を見るよう、促し、勧めた。

小説『坂の上の雲』(司馬遼太郎)は、「明治期日本」を賛美したり、肯定的「明治日本像」をつくりたいという、強い欲望と意図を持っていた。特定の欲望と特定の意図――
 つまり特定の視角・視点を定めて、そこから世界を見ることによってつくられる世界像・世界認識は、通俗的な使い方をそのまま採用すれば、それは、いわゆる「イデオロギー」である。
司馬の「明治期日本像」は、このような意味での「イデオロギー」に他ならない。つまり、松山市当局が、「まちづくり」という名において行っていることは、この「イデオロギー」の、市民(の内面)への強要なのである。これは、
1、「公権力による市民の思想・良心の自由の侵害」を禁じた憲法第19条に違反
2、「公権力が宗教に代表される個人の内面的価値に関わる問題に関与すること及びその活動の一端を担うこと」を固く禁じた憲法第20条に違反
㋒ 刑法第193条の「公務員がその職権を濫用して、人に義務のないことを行わせ」に該当し、「二年以下の懲役又は禁錮に処する」との刑法違反である。
よって、チラシの印刷費などが、違法な公費支出であるとその損害の補填などを求める。[CML 006252]
----------------------
上記資料を下記の掲載しています。
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/29/29.html
********************************************
えひめ教科書裁判資料
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/sub2-sabannsiryou.htm
小説『坂の上の雲』及びNHK放映をめぐる資料
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/zxvt29/sub4/4/sakakumo.html
********************************************

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

「公費で坂雲奨励、違憲」 返還求め監査請求

愛媛のニュース2010年10月30日(土)

http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20101030/news20101030725.html

Pic18720410

「公費で坂雲奨励、違憲」 返還求め監査請求

 松山市と市教育委員会が2009年末放映のNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」を見るよう書面で市民や児童生徒らに奨励したのは違憲・違法として、市民団体「『坂の上の雲』記念館の問題を考える会」(山中哲夫代表)のメンバーら26人が29日、印刷費などの返還を求める住民監査請求書を市監査委員事務局に提出した。

 請求書では、公的機関が公金や公的システムを使い、特定の歴史認識や価値観を示す作品を奨励することは思想・良心の自由を保障した憲法に違反するなどと主張。中村時広市長や山内泰市教育長、担当職員らに印刷費など約20万円を返還させるよう求めている。
──────────────────────────────────────
監査委員事務局に「住民監査請求書」が提出されました
201010300-1
 29日午後、昨年から3年間の予定で放映されているスペシャルドラマ「坂の上の雲」について、この番組を啓発するチラシを松山市が作成し配布したのは違憲・違法として、『「坂の上の雲記念館」の問題を考える会』などの市民団体から、監査委員事務局に対してチラシ印刷費など約20万円の返還を求める住民監査請求書が提出されました。
   住民監査請求とは、市民が市長や市の職員による公金の支出、財産の管理、契約の締結などの財務会計上の行為が違法又は不当であると考えるときに、これらを証明する書面を添えて、監査委員に対し監査を求め、必要な措置を講ずべきことを請求する制度です。
 この住民監査制度は、地方自治法第242条に規定されており、監査委員の監査及び勧告は、請求があつた日から60日以内にこれを行なわなければならないと定められています。
 今後、概ね上記の図にような事務手続きになり、私も監査委員の一員として、本件の監査を担当します。

『坂の上の雲』放送を考える全国ネットワークHPへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

「坂の上の雲」宣伝は違法 松山市に監査請求

 NHKドラマ「坂の上の雲」放送に際し、番組を宣伝するチラシを松山市が作成し配ったのは違法として、「“坂の上の雲”記念館の問題を考える会」などの市民団体は29日、市に印刷費など約20万円の返還を求める住民監査請求をした。

 同会の山中哲夫代表は市役所で記者会見し「日露戦争など特定の歴史認識や価値観を都合よく解釈した作品。公的機関が宣伝するのは、市民の思想と良心の自由を侵害し、職権乱用にあたる」と訴えた。

 ドラマは松山市などが舞台となった同名の小説が原作。市は昨年11月にチラシ約1万8000枚を市内の広報委員に配布していた。
[スポニチ 2010年10月30日 ]

『坂の上の雲』放送を考える全国ネットワークHPへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

国際シンポ「越境する歴史×時代小説」第三部「外と内からの司馬遼太郎文学の批判的再検討」

一撃筆殺仕事人:佐高信先生追っかけブログ から

国際シンポジウム+研究発表+講演集会 越境する歴史×時代小説
――ジャンルの混交、研究のグローバル化――

第三部「外と内からの司馬遼太郎文学の批判的再検討」

会場:早稲田大学戸山キャンパス33-2号館2階 第一会議室
日時:2010年11月13日(土)
10:00~17:30(9:30開場 閉会後に懇親会)

参加費無料 予約不要
総合司会:高橋敏夫(早稲田大学)
第一部(10時~12時30分):研究発表・記念講演
第二部(13時~15時):作家講演「時代小説にしかできないこと/ではできないこと」
第三部(15時30分~17時30分)」
シンポジウム「外と内からの司馬遼太郎文学の批判的再検討」
関立丹(北京語言大学)
王志松(北京師範大学)
チョ・ヨンイル(韓国・評論家)
成田龍一(日本女子大学)
佐高信(評論家)
司会:高橋敏夫
閉会の挨拶 (17時30分)
中島国彦(早稲田大学国際日本文学・文化研究所所長)

懇親会(18時~20時) 場所:第一会議室【会場アクセス】 JR山手線「高田馬場」駅より「早大正門」行バス、「馬場下町」下車徒歩2分
東京メトロ東西線「早稲田」駅下車徒歩3分 東京メトロ副都心線「西早稲田」駅下車徒歩12分

■【問合せ先】 早稲田大学文学学術院 高橋敏夫研究室
〒162-8644 新宿区戸山1-24-1 電話:03-5286-3713 
 E-mail:wijlc@j-lit-cul.com
早稲田大学国際日本文学・文化研究所主催
重点領域研究「世界と共創する新しい日本文学・日本文化研究」
国際日本文学・文化研究所HP(WIJLC) 
http://j-lit-cul.com/data/project/project_g00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ある歴史教育シンポジウムに参加して~「韓国併合」をどう伝えるのか: 内野光子のブログから

 会場が目白の学習院大学だったこともあって、次のシンポジウムに出かけてみた。高校の先生の実践レポートもあるというのも魅力だった。日本歴史学協会では、毎年歴史教育のシンポジウム実施しているらしい。私はもちろん初めての飛び込みである。

シンポジウム:「韓国併合」100年と歴史教育(日本歴史学協会主催)
日時:2010年10月23日(土)13:30~17:30
姜徳相(滋賀県立大学名誉教授)
 「錦絵と日本の対韓ナショナリズム」
加納格(法政大学教授)
 「ロシア帝国と極東問題」
関原正裕(埼玉県立越谷北高校教諭)
 「日清・日露戦争と韓国併合の授業」
場所:学習院大学 北2号館10階大会議室
続きを読む→こちら
──────────────────────────────────────

『坂の上の雲』放送を考える全国ネットワークHPへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

「坂の上の雲」"軍神"広瀬中佐の恋人に秘密 旧ソ連が偽情報か

MSN sankei 2010.10.18 13:06
日露戦争の英雄、広瀬武夫中佐の恋人、アリアズナの父親として知られるロシア海軍水路部長のコワレフスキー少将が実在しないことが、日露の研究家の調査でわかった。
こちら
Yahooニュース

『坂の上の雲』放送を考える全国ネットワークHPへ

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

ニューズレター第21号を発行しました。

『坂の上の雲』放送を考える全国ネットワークHPへ

Image0021

ニューズレター第21号を発行しました。→ Pdf_icon_311 PDFダウンロード

  目次
1頁:「アナログ放送終了予定日」まであと250日余り
  地デジ難民作るな!アナログ停波1年前集会 in 京都
  地上デジタル放送完全移行の延期と現行アナログ放送停止の延期を
   求める提言」
2頁:   地デジ完全移行/現行アナログ放送停止の延期を求める「10の根拠」

3頁: 虚構の「福沢諭吉」論と「明るい明治」論を撃つ (安川寿之輔名誉教授)
4頁:   敵から見たら (佐高 信)
5頁: 論争 議論は理性的に (雁屋 哲)
  福澤論吉はアジア侵略の先導者であり差別蔑視者であったのか
  <全国シンポジウム> へのお誘い 松山から「坂の上の雲」を問う
6頁:  BBC放送と英国視聴者運動から見るー
   放送の「政府からの独立」と独立放送委員会とは
7-8頁: 韓国併合100年をめぐる両国若者の討論番組を視て( 醍醐聰)

| コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

11・20文化財返還問題・日韓共同シンポジウム 11月 20日(土)

http://kakaue.web.fc2.com/#54―韓国・朝鮮文化財返還問題を関係者とともに考える―ご案内と協力の呼びかけ

「併合 100年」の今年8月に日本政府は、かねてより強く返還を求められてきた「朝鮮王室儀軌」等の返還を発表しました。韓国側が返還を求めている文化財は、「朝鮮王室儀軌」に留まらず、大倉集古館にある利川五重塔をはじめ、国立博物館や全国の大学や博物館・美術館所蔵の文化財や図書・資料にも今後及ぶものと思われます。

そこで文化財返還問題についての経緯を確認するとともに今後の課題を明らかにするために、日韓の関係者による共同のシンポジウムを下記のとおり開催します。日韓の若い世代にも正確な情報を提供し、未来に向けて真の友好を促す交流の場となるよう希望します。ふるってご参加・ご協力いただけますよう呼びかけます。
日時:2010年11月 20日(土)13時半~17時 (13時開場 )
■会場:韓国 YMCAアジア青少年センタースペース Yホール
つづきはこちら

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »